借金王 借金ブログ 闇金業者が使うホームページでの集客方法や対策

闇金業者が使うホームページでの集客方法や対策

一般企業をはじめ、公共機関においても自社をアピールする際にホームページを使うのが当たり前になってきました。

それは、闇金にも同じことが言え、一般企業と同じ様にホームページを作成して借入者を勧誘しています。

中には、大手消費者金融を思わせるような作りになっていたり、フィッシングサイトのように同じようなつくりになっていたりと、実に巧妙に作られています。

そこで今回は、闇金業者が使うホームページでの集客方法や手口についてまとめていきます。

闇金業者が使うホームページの内容とは

最近では、インターネットが当たり前に使われるようになってきており、企業がホームページを所有していることが当たり前の時代になってきました。

今までの電話勧誘や張り紙での勧誘以外に、ホームページを所有し、そこから借入者を勧誘する集客方法も行われるようになってきました。

その闇金業者が所有するホームページは、その見た目も闇金業者とは思えないような爽やかなイメージや信用を与える作りであったり、大手消費者金融と見た目が酷似しているものであったりと、巧妙に作られています。

そのため、ホームページを見ただけでは闇金業者と見分ける事が難しく、また、見た目に騙されて借り入れしてしまい、結果闇金を利用する事になった方が多く存在します。

ホームページの内容とは


この見た目からは、闇金業者を連想できないほど爽やかな作りになっていて、貸金業登録されている正規の貸金業者と見間違えてしまうほどです。

なかには、日本貸金業協会のバナーを掲載していたり、楽天銀行やゆうちょ銀行などのバナーを掲載し、信頼感を出しているサイトもあります。

闇金を利用しないための対策

見た目では判断しがたいホームページに辿り着いてしまった場合、どこに注意すると良いのでしょうか?

まず、第一に確認するべきポイントは「貸金業登録番号」です。

これは、金融庁へ届出をおこなっている貸金業者にしか与えられない番号となっているので、例えそのホームページ上で貸金業登録番号を偽装したとしても、金融庁が所有する登録貸金業者の情報検索ページを使い検索を掛け、そのホームページを所有する貸金業者の名前が出てこなければ闇金業者である可能性が非常に高いと言えます。

また、貸金業登録番号が記載されていない場合は、その時点で闇金業者である可能性が高いです。

というのも、貸金業登録番号の表示は義務付けられているため、それを守っていないということは、闇金ということとなります。

また、電話番号でも貸金業登録の有無が検索できるようになっているので、うまく活用して下さい。

そして、怪しいと思った貸金業者からは絶対に借り入れをしないことが、闇金に騙されないための一番の対策と言えます。

カテゴリー:解決方法

タグ:借金,闇金,ホームページ,集客,方法,対策

作成日時:2016-12-01 15:22:36

更新日時:2016-12-01 15:34:54

Top
借金王 借金ブログ 闇金業者が使うホームページでの集客方法や対策