借金王 【完済するには】借金返済の流れ・手順

借金返済の流れ・手順

まずは、家計を知る

借金をする人の特徴としては、自分がいくらの収入があり、いくら出費しているのかがわからない方が多いです。

そのため、今の収入がいくらあるのか、いくら出費しているのかを知ることが大事になります。

  • 収入/給料
  • 家賃
  • 携帯代
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 借金返済

これら以外にもありますが、まずは、この金額を出してみましょう。

また、大体の金額ではなく、領収書などを調べだしたほうが良いでしょう。

現在の借金額と金利を調べる

キャッシングやローンなど、支払うべき借金を全て洗い出します。

金利なども一緒に調べましょう。

複数ある場合には、しっかりと銀行や消費者金融などに問い合わせて、現在の残高と金利もしっかりと把握します。

その後、こちらの延滞金/金利計算ページで完済するまでにどれくらいの期間が必要となるのかを調べましょう。

すると、金利をいくら払うことになるのか、また思ったよりも長い期間に驚くのではないでしょうか?

地道に節約、返済額に充てる

実際の金利や返済額を見たうえで、今の収入からいくら借金に充てることが出来るのかを考えましょう。

娯楽費やギャンブル代などは、全て借金返済にあるような気持ちで、返済額を改めます。

そうすることで、少しは早く完済することができます。

借金が無くなるまでの短い間です。頑張って節約し、借金完済を目指しましょう。

これでも借金返済の道が見えない…

現状の把握、削れるだけ削った生活費…。

ただ、返済する道が見えない。という方は、カードの整理をしましょう。

複数カードを持っている場合、より金利の安いところへ借り換えた方が返済する金額を安くすることが出来ます。

無駄な買物など浪費が原因の借金の場合は、きっぱりとここでカードを整理する事をおすすめします。

最終手段の債務整理

債務整理というと難しく感じますが、専門の方に借金の相談をしましょう。ということです。

自分でやりくりをしてもうまくいかない…。

こういった場合は専門の方に聞いた方が、期間も短く、安く済むことがあります。

お金のことで悩んでいるときは、一つの手段として考えた方がいいかもしれません。

賢い4つの借金返済方法

自己破産

借金を返済する事が全く不可能な場合に行うのが、自己破産です。

破産というとあまりいい印象はありませんが、借金が返済できない時に考える方法の一つです。

全ての借金を帳消しにできる最終手段的な方法で、自分ではどうしようもない場合はこの方法を使います。

任意整理

支払額を減らす事で、借金返済が可能になる場合に行うのが任意整理です。

ただ、任意整理は、全ての債権者(借入先)1社づつと債務に関する交渉が必要となるため、非常に難しい方法になります。

そのため、自分で行うというよりは、弁護士などが行う方法です。なんでも任意整理をした人が500万人近くいると言われています。

特定調停

特定調停とは、特定の債務者(借主)に関する調停という意味です。

簡易裁判所に申し立て、調停委員を仲裁役として、債務者の経済的再建を支援する制度です。

調停なので、貸主、借主側双方の合意が必要となりますが、借金の元金を減らす事が出来る可能性があります。一度相談してみてもいいかもしれません。

個人再生

銀行などの金融機関に住宅ローン借入があり、自宅を手放したくない場合に行う方法が個人再生です。

自己破産すると所有物件を、競売や任意売却などで手放す必要があるため、救済措置としてできた民事再生法という法律の中の手続きのひとつで、比較的新しい方法です。

ただ、個人再生を申し立てるには、弁護士に再生計画を作成してもらう必要があります。

Top
借金王 【完済するには】借金返済の流れ・手順